Recent Comments
Popular Articles

他の教室と合同のピアノ教室の発表会

子供というものは、好きなことは覚えるのも上達も早いものです。ピアノ教室に通い始めると、家での練習を聞いているとまだまだ下手で同じところばかり練習をしているように感じていても、気がつくと日に日に上達し、難しい曲も弾けるようになっているものです。そんなピアノ教室で、お金がかかる行事と言えば発表会です。楽器店でのピアノ教室は、その楽器店主催で行われますが、個人のピアノ教室の場合は数人のピアノの先生の教室で合同で開かれることもあります。発表会がお金のかかる行事というのは、発表会のための会場費、出演者にお土産がある場合はその代金、そして参加費というものが含まれ、多少前後はしますが8000円から10000円くらいはかかります。
それでも、親にとっては教室によっても違いますが、1年に1度あるかどうかの子供の発表の場というものは嬉しいものです。また、子供にとっても“人前で弾く。そのために人に聴いてもらえるように丁寧に練習をする”という事は貴重な体験です。まだ、一人で十分に弾けないような、習い始めて間もない小さなお子さんでも、先生が横で伴奏をしてくれる“連弾”という形式での演奏ができますので、とにかく参加させてあげることがお子さんの経験につながります。また、子供さんもそんな自分の姿を親御さんに見て、聴いてほしいものです。
教室にもよると思いますが、プロの先生の教室ともなると、その教え子さんたちのことも“門下生”と言い、その言葉の重みを実感します。当然、門下生による発表会となると、衣装も立派なステージドレスやスーツを着ているお子さんも多く、さらに出費は増えることは覚悟しておかなければいけません。

ピアノ教室に通わされていた妹と、教室に通い始めた母

私の家には立派なピアノがあるのですが、今は誰も使用しておらず、物置と化してしまっています。元々このピアノは、両親が私の妹をピアノ教室に通わせるために購入したものなのですが、妹は中学校を卒業すると同時に教室に行くのを辞めてしまったため、何年もの間、そのままになっていました。
その後しばらくして、退職して暇が出来た母が、週一回大人のためのピアノ教室に通い始めたのですが、何せ五十代も半ばを過ぎてから始めたものですから、指が思うように動いてくれなくて苦労していました。それでも楽しく教室に通い、簡単な曲なら演奏できるようになり、発表会(もちろん、観に来るのは身内だけです)にも参加するようになりました。
しかしその頃、母の実母(私の祖母です)が身体を壊し、母は、看病に行かなければならなくなりました。祖母の身体は良くならず、入退院の繰り返しになったため、ピアノ教室に通うどころではなくなっていったのです。それでも母は、最初のうちは、二週間に一度ぐらいは教室に通っていたのですが、通う時間はあっても練習する時間がなくなったため、次第に通わなくなっていき、半年後には辞めてしまったのです。その後祖母は亡くなりましたが、母は再びピアノをやり始めることはなく、現在に至っているのです。しかし先頃、結婚して数年経つ妹に待望の女の子が出来たため、母は、このピアノを調律して表面を綺麗に拭いてからプレゼントする、と張り切っています。

教室のピアノ教室について

ピアノ教室ってお子さんの習い事のランキングの中に入ってるんですよ。みなさん知っていましたか?お子さんがいらっしゃる方は知ってる方が多いでしょうね。私はピアノ教室には4歳の頃から小学校6年生まで習ってました。結構な年数習ってましたね。きっかけは父でした。父は昔からピアノを習っていて私にも習わせたかったみたいなんです。まあ親ばかみたいなものですね。しかしお子さんにピアノ教室って教育にかなり良いんですよね。
音感が良くなったり、手が器用になったりなど、音楽ってとても育児の中では良いんですよね。赤ちゃんの時から胎教として音楽を聴かせるみたいに音楽はとても大切なんですよ。それからピアノの教室に通っていると、年に一度は発表会がありました。この発表会では日頃習っている成果が出せる場所なんですよね。初心者はまだぎこちないんですが、長年習っているとかなり上達するんですよね。何でも習い事は続ける事が大事なんですよね。
私も今まだ1歳の子供が居るんですが、ピアノ教室には習わせてみたいですね。興味がなかったらそれまでだと思うんですが、興味が本当にあったなら本格的に習わせたいなと思いますね。この教室に通う事によって忍耐や努力を学ぶ事が出来ますので、学校でも生活にもとても役に立つと思います。ピアノ教室のほかにもいろいろな習い事がありますよね。何でもまず習わせる事って大切ですよね。4歳ぐらいになったら体験に行かせたいなと思います。

教室に行くならピアノ教室はどうでしょう?

ピアノ教室に行ってみたことはありますか?数多く教室習いごとはありますが、その中でも昔からあるピアノ教室は今でも根強い人気があります。私も小さい頃通っていました。自分が習ったことがなくても、子どもちゃんに習わせたいっていうお母様やお父様もいらっしゃるでしょうね。私も以前ならっていましたが、ピアノを習っていると色々とお得なことがあります。今回はそれを書いてみますね。ピアノ教室に通っていると、音感がつきます。それから、指先が器用になりますね。これはピアノを習いつけていないとこの器用さは身に付かないものではないかと思います。どうしたって、両手の指それぞれがバラバラに動くだなんてなかなかそういうチャンスありませんものね。
それでも、ピアノ教室に通うことで教室の先生やお友達ができることは楽しいことですね。小さい頃はなかなかコンクールなどでしか腕前を発揮することがないと思われますが、大きくなればピアノの腕前を発揮する機会があります。ちょっとした結婚式の二次会とか、余興なんかでもピアノが少し出来るだけでみんなにうらやましがられる、尊敬される、これ、事実です。だからこそ、習うならぴあのをえらんでほしいとおもうわけです。どうせならうなら、やっぱり身になるものの方がいいですもんね。自宅にピアノがないと大変という点はありますが、のちのちのことを考えると決して無駄ではないと思います。今でも習っていてよかったと思います。

教室と言えばピアノ教室が定番

子どもに何らかの習い事をさせたいと思う親御さんは、最近とても増えてきているようです。時代の流れと共に、英語を習わせることが多くなってきていますが、昔から人気のある教室の一つにピアノ教室が挙げられることでしょう。私が子どもだった頃にも人気がありましたが、現在の子どもたちにも通っている子が多いそうです。なぜ、ピアノ教室が長年に渡って人気なのかというと、別にピアニストにしたいという想いからではありません。音楽の勉強が手軽にできるということや、譜面の読み方を覚えることができるという単純な理由から選ばれているようです。また、女の子ならピアノ教室が定番となっている世間の常識も当てはまることでしょう。もちろん、男の子でもピアノ教室に通う子はたくさん居ますが、圧倒的に女の子が多くなっています。ピアノ教室に通うとピアノ発表会で練習の成果を発揮できる場が設けられているため、やりがいや成長を感じられる教室でもあります。
ただし、ピアノ教室に通うとなると、多少の費用がかかってしまうようです。私の友人も小さい頃、ピアノ教室に通っていたのですが、教室で練習するだけでは上達が望めないということで、自宅にもピアノを買うことになってしまったそうです。グランドピアノともなると置く場所も必要ですし、かなりの費用がかかります。将来、ピアニストになるのならこのくらいの出費はいささかではありませんが、小学校卒業までしか習わないということなら、ちょっともったいないような気もします。せっかく習うのなら幼稚園から高校生くらいまで教室に通っていると、かなりの腕前になるそうです。ピアノ教室に通っている子は、必然的に音楽の成績が良くなります。他の楽器も、比較的、簡単に取り扱うことができやすくなるようです。音楽の才能を身につけたい、引き出したいというのであれば、ピアノ教室の存在は大きいと言えるでしょう。譜面を簡単に読めるようになるというのは、学校でも役立つものです。

適度な距離感とは

話し方講座などが人気があるように人との話し方、コミュニケーションで悩んでいる方が多いのではないでしょうか。
神経質な方ですと、それだけでかなりのストレスを抱えてしまうこともあるようです。
そして適度な距離感をもってつきあうことが非常に難しいという方もいます。

専門講座や教材、スキルによってはそうした教室に通う事によって、見違えるくらいコミュニケーションレベルがアップする方もいますが、逆に余計コンプレックスを感じてしまうこともあるのです。

会話術などはやはり天性のものがあり、口べたな人がすぐに会話の達人になるのは考えにくいですが、それでも努力によって、多少は人見知りや会話べたを克服できれば、そして微妙な人付合いのコツを知れば、その講座や教室に通ったいみはあります。
その他の習い事、例えばダンスなどで、さりげなく友人をつくってみることもできますから、まずはチャレンジ、話しかける事からはじめてみましょう。

将来のお金のこと

将来のことを考えると不安が募るので、何か教室などに通い資格や検定、スキルを身につけないといけないと焦っている方も多いでしょう。
それだけ世の中があくせくしているし、焦燥感にとらわれるような不安要素は一杯あります。

ですから、その中でいかに有効な資格をとり、そしてまさかの時の備えであるお金をどのように貯めていくかがポイントになります。
ファイナンシャルプランナーの資格は自分のマネープランだけではなく、人のマネープランも考え、アドバイスができる仕事です。

だれもが将来のことは心配なものですが、計画をしっかりたてていくことは多少は将来の見通しをすっきりし、目標を立てることにもつながります。
不安要素が多い現代だからこそ、こういった資格は必要になってくるのかもしれません。
住宅ローンや生命保険のことについての見直しや支払いプラン変更は、専門家にきちんと相談して決めたほうがいいです。
なるべく、フリーで活躍している人が、客観的な意見をくれるので、良いです。

学校は勉強だけの場所?

本当に世の中には色々な人がいるもので、学校にいくことはそれだけ良い社会勉強です。
それは大人になってからもいえて、趣味の教室などに参加したりすると、今まであった事の無いタイプの人がいたりして、非常に面白いものです。
そうした新しい人に会える楽しみも学校にはありますね。

そして必ず馴染めないタイプの人もいますので、色々な個性の人と付き合う勉強の時だと思えばいいのでしょう。
社会人になって、その付き合いが仕事にかかわってきて、よりやっかいなことになってきます。
学校はその予行練習のようなもので、そこでつまずくとそれからさきもまた失敗するのではないかと不安になります。

勉強だけしていればいいならむしろ楽で、それ以上に人間関係があることが、子供にとっても大人にとっても難しい、一番勉強しないといけない部分なのです。
どんなに年齢を重ねてもその部分だけはいつまでたっても難しいことはだれでも感じていることなのでしょう。